Seven Seas

北小の環境学習に行ってきました 3月10日

LINEで送る
Pocket

コーディネーターのKOKOです。

 

本日はセブンシーズも会員になっているNPO法人宮古島海の環境ネットワークの活動で「北小学校 海ゴミの環境学習」でした。

 

(C) NPO MiyakojimaSeaEnvironmentNetwork

 

NPO法人 宮古島海の環境ネットワークでは、ビーチクリーン活動の他に、海の環境を守る啓もう、啓発活動として、環境学習のプログラムを実施していています。

 

海岸へ行って体験活動ができればベストですが、学校の施設内でも効果的な環境学習をすることができます。

 

児童から質問や意見をどんどんだしてもらい、グループワークや体験プログラムを通して児童が主体的になってプログラムを進めるアクティブラーニングの手法を取り入れてプログラムを進めました。

 

先日、平良第一小学校で行いましたが、北小学校の5年生の総合的な学習の時間で漂着ゴミの環境学習を実施するのは初めてです。

 

海ゴミについて何が知りたい?との問いかけに対して様々な意見がでましたが、印象的だったのは、「このままだと自分たちの未来はどうなるの?」と、将来を心配する意見や、「捨てられて回収されたゴミはどうなるの?」というゴミの行方を心配する意見、そして、「ボランティア活動の回数やいつから始めたの?」という活動に興味を示す声があったことです。

 

これまで、海岸で同じような質問をしてきましたが、室内でじっくり聞いてみると、これまで出なかった質問がたくさん出てきました。

 

私たちが改めて気付かされたことも多かったです。

 

たくさんの質問全部に答えることができず、今回も、もう少し時間があったらな、と思いました。

 

また、このように室内で考えるプログラムと、実際に海岸で調査やビーチクリーンをする活動を組み合わせることができたら、より効果的だと思います。

 

とにかく、5年生の学年末ぎりぎりに、環境学習をすることができてよかったです。

この記事を書いた人

KOKO(コーディネーター)

天皇陛下の日本山岳会入会にも尽力した同会元会長の父の影響で、学生時代から登山やスキーを行う。外資系会社を経て、通訳を兼ねながら生物学者・故ジャックモイヤー氏と共に海辺の環境教育を行ったり、旅行会社にてエコツアー企画を担当し日本にインド洋のクリスマス島を紹介するなどエコツアー・環境教育の現場の最先端を走り続ける第一線ネイチャーガイド。現在は宮古諸島において、エコツーリズムの普及や海辺の環境保全に尽力している。 [資格等]

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP