Seven Seas

沖縄県水上安全条例の条例改正とスノーケリング業を営む際に関するお知らせ

LINEで送る
Pocket

沖縄県において水難事故防止のために施行されている、沖縄県水難事故の防止及び遊泳者等の安全の確保等に関する条例(以下:水上安全条例)の一部を改正する条例案が2021年の第1回の沖縄県議会に提出され、2021年3月23日に承認されました。

それにより、水上安全条例が2021年3月31日に改正(一部5月1日施行)されます。

現行、『プレジャーボート提供業・潜水業・海水浴場』を行うのには公安委員会に届け出が必要で、その際にはそれぞれ必要な資格もあります。

『プレジャーボート提供業』とは、具体的にはグラスボート、遊覧船、スノーケリングボート、シーカヤック、ジェット、SUP、サーフィン、カイトボード等が含まれますており、プレジャーボートを使用しないスノーケリングは届け出対象外でした。

今回の一部改正によって、届け出対象外だった『スノーケリング業』が新設されます。

 

 

 

それに伴い、以下内容が必要となります。

・スノーケリング業(ビーチからのスノーケリング・プレジャーボート提供業で実施するスノーケリング・潜水業で並行して実施するスノーケリング)を営む事業所は公安委員会にスノーケリング業事業届出書の届け出が必要となります。(受付は2021年5月1日以降)

・スノーケリング業を公安委員会に届け出をするにあたり、ガイドはスノーケリング指導資格(OMSBシュノーケリングインストラクター・各ダイビング指導団体ダイビングガイド資格以上)の取得が必要となります。

・条例の規定に違反した場合の業務停止など罰則が強化されます。

・この一部改正は2021年5月1日からですが、プレジャーボート提供業を2021年10月31日までは猶予期間となっていますので、それまでに上記に対処しなくてはなりません。

 

沖縄マリンレジャーセイフティービューローでは、この水上安全条例の一部改正にあわせ、シュノーケリングインストラクターコースの内容を変更いたします。

変更内容が確定しましたら、再度このページでお知らせいたします。

 

OMSBシュノーケリングインストラクター

OMSBスノーケリングインストラクター

「OMSBシュノーケリングインストラクター」はスノーケリング事業を行うに際してを保持する事が一般的に望まれる資格です。

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

SHARE
PAGE TOP