Seven Seas

SUPとカヤック、どっちがお薦め?

LINEで送る
Pocket

セブンシーズ チーフガイドのJUNです。

 

「宮古島で人気のアクティビティー」で2位と4位のあげたカヤックとSUP、違う遊びなのはわかるけど、同じパドルスポーツの一種でどっちがいいの???
と思ったあなた!そ~思いますよね~・・・

 

実は、どちらもお薦めなんです。
と言うか、お薦めの条件が違うのです。

 

SUPがどんなものか知りたい方は以下のページを参照してください。

 

「宮古島で人気のアクティビティー」の記事は以下。

 

同じパドルスポーツでも結構違うもの、その違いから見ていきましょう。

 

カヤックとSUPの違い

 

カヤックとSUPって立つか座るかの違いだけですか?

いえいえ、結構違いがあります。
まず、SUPはその名の通り「スタンドアップ・パドル・ボード」ですからボード。そうサーフボードの仲間です。
なので、以前にもご紹介したように各部位の名称はサーフボードと同じで、先端部分を「ノーズ」、後方部分を「テール」と言ったりします。
そして、サーフボードの仲間なので裏面「ボトム」は平らになっています。
サーフィンがボードの後ろに乗って波に乗るように、前後の位置であえてバランスを崩すことで曲がりやすくしたりします。

 

SUPの各部の名前は以下のページを参照してください。

 

カヤックは?

これも以前書いたように、カヤックは船の仲間です。
船舶と同じで先端部分を「バウ」、後方部分を「スターン」といいます。
船なので、裏面「ハル」は様々な形状があり、その形状で直進性をあげたり(シーカヤックなど・ハルの真ん中にバウからスターンまで一直線に出っ張り”キール”がある)、操作性を高めたり(リバーカヤックなど・キールがなくのっぺりしてる)します。
Jリーンと言って、横に傾けたり、パドル(この後説明します)操作で艇を動かします。

 

カヤックの各部の名前は以下のページを参照してください。

 

なるほど!

それ以外にも、大きな違いがあります。
それは、パドルです!
両方(SUP・カヤック)ともに、手漕ぎボートのように固定されていないもので漕ぎます。
固定されているものを「オール」と言いますが、固定されていないので「パドル」と言います。
それはSUPもカヤックも同じですね。
でも、これまた以前も書いたように、SUPはシングルパドル、カヤックはダブルパドルで漕ぎます。
ちなみに、下の写真で、後ろのお父さんが使っているのがSUPで使うシングルブレードパドル、前の女の子が使っているのがカヤックで使うダブルブレードパドルです。

(C) SevenSeasMiyakojima

 

 

どちらがお薦め?

 

違うものなのはわかりましたけど、結局どちらがお薦めなんですか?

結論を先に言うと、どちらもお薦めです。
それぞれ別のものですから、用途や目的が異なります。
何をしたいか、何を見たいか、で選ぶと良いのではないでしょうか?

 

 

何で選べばいいの?

 

う~ん・・・
何をしたいか?何を見たいか???、もう少し詳しく・・・

先程、違いを説明したように、カヤックは(特にシーカヤック)は直進性に優れています。
なので、SUPと比べて長い距離の移動や、風に向かって進むことも(強風はきついです・・・)苦になりません。
そして、それをパドルやJリーンで操作しますので、細かい動きも得意です。
マングローブ域や入り組んだ場所(琉球石灰岩の合間を縫うような)に行ったり、自然を感じながら(座っている分水面に近いので)ある程度の距離を漕いで、様々な地形や自然を観察したければカヤックがお薦めです。

先程説明した違い以外にももう一つ大きな違いがあって、それはSUPは立って乗るアクティビティーだという事です。
という事は視線が高くなります。
下の写真でもわかるように、少し視線が高くなるだけで、水中が良く見えます。
せっかくですから、SUPのアクティビティーに申しもむのであれば、きれいなポイントでツアーを実施するお店を選んで上から覗き込み水中もたのしんでしまいましょう!(砂地だけのコースや透明度の低いポイントでは魅力が半減です・・・)

(C) SevenSeasMiyakojima

もう一つ、宮古島ではカヤックのタイプが「シットオントップカヤック(上にちょこんと乗るタイプ)」がほとんどなんですが、理由としてはほとんどのカヤックツアーがシュノーケリングとセットで、海に入ったり、カヤックに上がったりが楽だからだと思います。
その点では「シットオントップカヤック」よりSUPの方が楽だと思います。

 

 

まとめると

整理すると・・・

はい では
・漕ぎながらも上からも水中の景色が楽しみたい!(カヤックでもある程度は見ますよ~!)
・途中、海に入ってシュノーケリングしたい!(カヤックでもやってるお店がほとんどですが…)
そんな時は、ある程度奇麗な海域で開催されるSUPがお薦めです。

・マングローブや地形など岸の近くで景色や自然を楽しみたい(琉球石灰岩の合間を縫うようなのもお薦め)
・ある程度以上の距離を漕いで、色々見たい!
そんな時は、カヤックがお薦めです。

なるほど~ わかりました ♪
じゃあ・・・

おっと、ご予約はプログラムの詳細を確認してからお願いします★

は~い★

ぜひ、SUPかカヤックか悩んだ時に参考にしてみてください。

 

 

次はSUPやカヤックでお店を選ぶ基準を少しだけご紹介

次の機会にはSUPやカヤックのお店を選ぶ基準としてライフジャケットのことをご紹介していきたいと思います。

宮古島でSUPカヤック

SUPカヤック

SUPカヤックを使った1組貸切のツアーです。
カヤックとして漕いだり!SUPとして漕いだり!ボード上でのんびり横になったり!フィッシュウォッチングしたり!オールマイティーに海を遊び尽くそう!!!

  • カヤックとSUP、ダイビングのインストラクターがガイド

  • 少人数の貸切なのでマイペースで遊べる

宮古島で体験マングローブカヤック

体験マングローブカヤック

カヤックで、マングローブをはじめ海浜植物や汽水域の生きものを観察するプログラムです。
貴重なマングローブ、豊かな生態系についてのガイドの解説や、静かな入り江で鳥のさえずりを聞きながら、のんびり、ゆったり自然の神秘を感じてください。

  • マングローブ域の動植物などの解説を聞きながら観察

  • ベテランインストラクターのガイドなので初心者でも安心

宮古島で体験シーカヤック

体験シーカヤック

シットオントップタイプのシーカヤックを使って水面の近くを進み、海と風を感じる半日プログラムです。
ガイドは現役自然体験指導者、現役エコツアーガイド。
カヤックに乗って普段見る事のできない角度から島や島の自然を堪能して下さい。

  • 宮古島の自然や文化の話も聞ける

  • ベテランインストラクターのガイドなので初心者でも安心

この記事を書いた人

JUN(チーフガイド)

学生時代は水泳・カヤックシングルの選手として活躍、その後海外・国内でダイビングインストラクターとして経験を重ねる。ダイビングのインストラクション・ガイド業以外にもダイビング・スノーケリング器材販売専門店・ダイビングとエコツアー専門旅行会社・海辺の環境教育指導・シーカヤックガイド等の経験を持つ水専門のエキスパート。PADIコースディレクター取得後は、ダイビングのみならず海から海辺全域に関して、後進育成を中心に活躍。[資格等]

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

タグ:

関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP